クリストファー・クレメント国際放射線防護委員会(ICRP)科学秘書官に対する在外公館長表彰授賞式の開催

 2019年3月12日,石兼大使はクリストファー・クレメント国際放射線防護委員会(ICRP)科学秘書官に対し,在外公館長表彰を授与しました。クレメント氏は,2011年3月11日の東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の事故以来,福島の人々の放射線防護に関する理解促進を図るICRPダイアログセミナーの開始・継続に多大な貢献をされ, 事故の影響を受けた地域の復興支援に尽力し続けて下さっている方であり,これらの活動を通じて日本とカナダの相互理解及び友好親善に大きく寄与されました。今回の表彰は,これらの功績を顕彰するために行われました。
 
 受賞式冒頭,被災地の現状についてのVTR「Fukushima Dreams and Beyond」を鑑賞し,続けて石兼大使より,クレメント氏が長きにわたり放射線防護の専門家の立場から被災地の復興支援に大きな役割を果たしてこられたことを称え,祝辞を述べました。また,同氏の在外公館長表彰にあたり原田環境大臣から届けられた祝辞を紹介しました。
 
 これに対し,クレメント氏から,今般の受賞への謝意が述べられるとともに,今後とも被災地復興に向けて貢献していきたいとの意志が表明されました。
 
復興VTRの鑑賞

 
石兼大使による祝辞

 
表彰状の授与

 
表彰状の授与

 
クレメント氏による答礼 集合写真