川村泰久大使のケベック州公式訪問 2021年11月30日~12月2日

2021/12/14
 川村泰久大使は、齊藤純総領事と共に、11月30日~12月2日にケベック州を公式訪問しました。これは新型コロナウイルスによるパンデミック後、初めての公式訪問となりました。
 
 川村大使と齊藤総領事は、12月2日にケベック州の州都ケベック市で、ミシェル・ドワイヨン副総督、フランソワ・ルゴー州首相、フランソワ・パラディ州議会議長と会談した他、マルキ国際関係・仏語圏省次官補主催の昼食会に出席しました。これらの会談では、日本及びカナダ、そしてケベック州が同じ価値観を共有する重要なパートナーであることを確認すると共に潜在的可能性に富むこれら両者の関係強化、経済・文化関係等について意見交換を行いました。
 
 また、11月30日にはモントリオール日本商工会関係者と、12月1日には日・ケベック・ビジネス・フォーラム主催のレセプションに出席し、関係者と意見交換を行いました。


 この他、12月1日にはモントリオール国際問題評議会(CORIM)で「日本とカナダ:インド太平洋地域に於ける法の支配と共通利益の強化」と題する講演を実施した後、カナダ宇宙庁を視察し、キャンベル宇宙庁長官との間で宇宙分野における日カナダの協力関係の促進について意見交換しました。
   
ドワイヨン副総督と

 
ルゴー州首相と

 
パラディ州議会議長と

 
CORIMでの講演

 
日・ケベック・ビジネス・フォーラムにて

 
宇宙庁にてキャンベル長官と

 
ケベックシティの旧市街